カンジダ性病の治療薬「ニゾラールクリーム」

カンジダ菌という真菌、即ちカビの一種が性器に感染することで発症する性病のことを性器カンジダ症と言います。
女性が発症する場合が多く、その場合カンジダ膣炎とも呼ばれます。
カンジダ菌は元々性器の周辺に存在している常在菌であるため、性病と言っても体調が悪化したりストレスが溜まるなどして免疫力が下がると性行為をしていなくとも発症することがあります。
免疫力が下がることによってカンジダ菌が増殖し、発症することを日和見感染と言います。

勿論、パートナーとの性行為により感染するケースもあります。
男性は女性とは異なり性器が体外に出ているため通気性が良く、菌が繁殖しにくいためこの性病が発症することは滅多にありません。
逆に言えば、女性でも通気性を保てる下着や衣服などを身につけることによりある程度発症を抑えることが可能ということです。
性器が蒸れやすい衣服を身に着けている人やお風呂に入らないなどの不衛生な環境で生活している方は発症しやすいでしょう。
なので、男性でも陰茎が包茎の人はそうでない人と比較すると発症しやすいと言われています。

性器カンジダ症を発症すると男女ともに性器の外陰部に炎症が起きて真っ赤になり、強い痒みも伴います。
また、女性はおりものがヨーグルト状ないしは塊上のドロッとした異臭を漂わせるものになります。
排尿時に痛みやかゆみなどの障害が生じることもあり、性交の際に痛みを伴うこともあります。

性器カンジダ症の治療に有効な薬の一つに、ニゾラールクリームという塗り薬があります。
ケトコナゾールという成分が含まれており、真菌を殺菌する作用を持つ抗真菌薬です。
市販の性器カンジダ症の治療薬よりも効果は高いと言われています。
ニゾラールクリームを使い始めてからおよそ2週間ほどで性器カンジダ症を治すことができます。

真菌が原因の症状に効果を発揮するので、水虫や脂漏性皮膚炎の治療にも用いられます。
早期発見、早期治療で水虫を撃退しなければ何度も再発してしまいますが、ニゾラールクリームは確実に殺菌するのでオススメです。
ケトコナゾールは人間の細胞膜を一切傷つけず、真菌の細胞膜だけを破壊する効果があるので、それにより真菌を死滅させることができます。

薬の見た目は白色で、塗った時に軽い刺激を感じることもありますが、真菌にのみ作用するので副作用が少ない治療薬です。
しかし、人によっては肌が弱かったりすると、塗った際にかゆみやかぶれなどの症状が出る場合があるので使用前にはパッチテストを行いましょう。
できる限りニゾラールクリームを使用する際には医師の指示の下おこないましょう。
眼に入れてはいけない薬なので、万が一眼に入ってしまった時には、すぐに水かぬるま湯で洗う必要があります。