ニゾラールクリームの効果と使用期間

ニゾラールは真菌を殺菌する塗り薬で、水虫(白癬)やカンジダ症の治療に使用します。
ニゾラールの作用は、白癬、皮膚カンジダ症、脂漏性皮膚炎などの治療に用います。
多くは白癬菌が原因で、足の皮膚などに寄生したものは足白癬と言います。
ニゾラールの有効成分は抗真菌薬で、強い抗真菌活性などを特徴として水虫の原因菌である白癬菌とカンジダなどにも有効です。
殺菌作用が優れているため、正しく治療することで完全に完治することが期待できます。

ニゾラールの製品はニゾラールクリーム、ローション、スプレー剤の3種類があり、塗布して効果が期待できる期間は約1~2週間です。
ニゾラールクリーム、ローション、スプレー剤は、症状や部位、使いやすさなどで使い分けます。
一般的にはどのような症状であってもニゾラールクリームが処方されることが殆どです。
ニゾラールクリームは湿潤している患部には適しており、ローションは刺激が強いですが、浸透力が強いため、皮膚が角質化して固くなっている患部などに使用するには適しています。
ニゾラールを使用する時の注意点は、指示された期間は塗布して治療を続ける必要があります。
足の裏など角質層が厚い部分は半年から1年以上の期間は治療を続けることで効果が期待できます。
また効果を得るためには決められた使用回数を守りましょう。
ニゾラールクリームは良く擦り込むようにして皮膚の角質層に浸透するよう心がけます。

治療を開始してから2~3週間正しく治療を行なっても症状に改善がみられない場合は医師に相談することが大切です。
水虫の治療で重要なことは、患部だけではなく、患部より広めに塗ること、根気よく続けることです。
広範囲に塗ることや根気よく治療を続けることで、周囲の菌や角質に潜んでいる菌を完全に死滅させることが可能になります。